Dreamboxのアダプティブラーニング機能のデモ

上に書いたDreamboxのアダプティブラーニング機能を見てみましょう。実際にDreamboxのアプリ画面を使って説明します( 空調服 綿薄手長袖作業着 M500U 〔カラーモスグリーン: サイズLL〕 リチウムバッテリーセット
)。

たとえば小学校高学年の算数の授業で、生徒たちは最終的に「分数の掛け算」をマスターすることが求められているとします。

まず優等生のAlfonzo君がDreamboxにログインすると、「分数の掛け算」というレッスンが表示されています。

リックすると、「分数の掛け算」をマスターする第一ステップである、「整数×分数」のレッスンが始まります。

 

つぎに、Alfonzo君ほど分数をうまく理解できていないLeannaちゃんの場合、掛け算ではなく「分数の足し算」のレッスンが表示されています。ここに至るまでのレッスンを繰り返すなかで、Dreamboxの人工知能は「Leannaちゃんには、分数の掛け算はまだ早い」と判断したわけですが、その部分は割愛します。

 

クリックすると、「分母が同じの、仮分数と真分数の足し算」の問題が表示されます。(仮分数=分子が分母より大きい。真分数はその逆)

最後に、同じく分数に苦労しているRosellaちゃんにも、「分数の足し算」のレッスンが表示されています。

しかし、Dreamboxの人工知能はここに至るまでのレッスンを繰り返すなかで、「Rosellaちゃんは、Leannaちゃんほど分数の理解がない」と判断しました。ゆえに、彼女にはさらに易しい「分母が同じの、答えが仮分数にならない分数の足し算」の問題が表示されます。

このように、Dreamboxは生徒の習熟度に応じて最適な教材を提供してくれるのです。また、先生は全生徒の習熟度を一覧形式で見ることができます( エンポリオ アルマーニ クラシック クオーツ クロノ 腕時計 AR1792 ブラック ラッピング可
)。

Dreamboxは中学2年生までの算数・数学にしか対応していませんが、なんとなくどんなサービスかがお分かりいただけたでしょうか。